BNR32


1989年、平成元年という日本の新しい時代とともに復活したGT-R
セカンドジェネレーションの幕開けとなるBNR32

280ps、4WD

日産が復活となるGT-Rに与えたのは、当時自主規制MAXパワーとなる280馬力を誇るツインターボRB26DETTエンジンと
ハイテク4WDアテーサE-TSとSUPER HICAS(スーパーハイキャス)
当時の日産が持てる技術を全て満載したと言っても過言ではない装備での登場。
「技術の日産」威信をかけてのGT-Rの復活。

R32のパーツを探す

GT-R セカンドジェネレーション

3代目GT-RとなるR32。フルモデルチェンジしたばかりの8代目スカイラインの2ドアスポーツクーペに
60mmブリスターフェンダーでワイドボディー化し、フロント、リアスポイラーは専用の物
軽量化を考慮しフロントフェンダーなどをアルミを採用。

RB26

エンジンには専用設計された強力な直列6気筒ツインターボのRB26DETTを、当時の最高出力となる280馬力。

その強力なパワーを路面に伝えるために採用されたのが、電子制御トルクスプリット4WDアテーサE-TS
走行状況や路面状況に応じて前後のトルク配分をを行うもので、4WDのトラクションとFRの旋回性能を狙ったものである。

又、後輪をステアリング操作とは逆方向や同じ方向に向ける四輪操舵システムSUPER HICASも搭載
各ハイテク装置などによる重量増はR32の弱点ともなったが、その数々の装備が重量を感じさせないハイパフォーマンスカーとなっている。

R32 GT-R インパネ

インパネは2ドアスポーツクーペとほぼ共通。センターコンソールに専用3連メーターが配置されている。

生産台数

標準車 40390台


NISMO 560台


Vスペック 1453台


VスペックⅡ 1303台


N1ベース仕様 228台


 

SUPER HICAS
生産ヒストリー

・前期

1989年8月21日 GT-R販売開始
1990年3月11日 GT-R NISMO発売
1991年7月19日 N1ベース仕様設定

・中期

1993年8月20日 マイナーチェンジ

・後期

1993年2月3日 2度めのマイナーチェンジ Vスペック追加
1994年2月14日 VスペックⅡ販売

BNR32 GT-R
全長(mm) 4545
全幅(mm) 1755
全高(mm) 1340
室内寸法 長(mm) 1805
室内寸法 幅(mm) 1400
室内寸法 高(mm) 1090
ホイルベース(mm) 2615
トレッド 前(mm) 1480
トレッド 後(mm) 1480
最低地上高(mm) 135
車両重量(kg) 1430
車両総重量(kg) 1650
乗車定員(名) 4
最小回転半径(m) 5.3
駆動方式 電子制御トルクスプリット4WD ATTESA E-TS
ステアリングギア形式 ラック&ピニオン SUPER HICAS付
サスペンション 前 独立懸架マルチリンク式
サスペンション 後 独立懸架マルチリンク式
ブレーキ 前 ベンチレーテッドディスク対向型4ピストン
ブレーキ 後 ベンチレーテッドディスク対向型2ピストン
タイヤサイズ 225/50R16 92V
燃料タンク容量 72リットル
変速比 1速 3.214
変速比 2速 1.925
変速比 3速 1.302
変速比 4速 1.000
変速比 5速 0.752
変速比 後退 3.369
最終減速比 4.111

BNR32 画像ギャラリー