アーカイブ

車両火災にはご用心ください!

こんにちは!トラスト企画の阿部ちゃんです!

やっとフェラーリ盗難に関するバタバタが落ち着いて、
日常に戻りつつある弊社でございます。

トラスト企画の所在する茨城県下妻市は、今年の冬はとっても天気がいい日が
続いていて、旧車乗りにとってはとても過ごしやすい日々が続いておりましたが、
気を付けないといけないのが、空気乾燥による火災ですね。

住居の火災はもちろんですが、車両火災も最も多いのは冬なのです!

車両火災の原因は諸説ありますが、その中の一つにガソリンの漏れが挙げられます。
特に、トラスト企画でメインに扱っているスカイラインGT-R では、BNR32 BCNR33の型式において
ありがちなトラブルが「インジェクターからのガソリン漏れ」です。

阿部ちゃんの愛車BNR32にも例外なくインジェクターからのガソリン
漏れを起こしており、ダマシダマシ乗っていたのですが、ついに室内までガソリン
臭がぷ~んと漂うようになり、よく見てみると

このように

酷いガソリン漏れを起こしておりました・・・・・ ※写真の中央付近、茶色い部分はガソリン漏れの跡です。

外したインジェクターは

完全にお亡くなりに・・・・
上下についているゴム部品も劣化して、インジェクター本体からもガソリンがにじんでいます。
先端の部分に関しては欠落しています。破片はどこにいった・・・?

これは極端にひどい例ですが、32、33に乗られている方は、悩んでいる方も多いのでは??

トラスト企画では、ガソリン漏れ対策品のR34インジェクターも新品はもちろん、中古も扱っております。
宜しければ弊社オークションページをご覧になってください トラスト企画スカイライン専門ページ

後は有事に備えて、車には消火器を積んでおくと良いと思います。

 

燃え行く愛車を呆然と見つめる事にならぬよう、気を付けていきましょう(*^▽^*)

 

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. ハーゲンオヤZ-1

    うちの32も、インジェクターの詰まりだったらしく、中古部品ですが交換したら調子が良くなりました。
    そちらで頂いた、エアフロやら、AACバルブやら、ハーネスやら、交換してもダメだったんですが、
    インジェクターは落とし穴でした。w

    エンジン始動するたびに、点検は必要ですね。

    • あべちゃん

      コメントありがとうございます(*^▽^*)

      乗る頻度があまり高くない個体は特に注意が必要ですね。。。

      最近では、パーツを好感しても一向に治らず、ECUを開けたら中のコンデンサーが
      液漏れしてて不調だったってこともあるようです。

      お互いご老体は労わっていきましょう笑

関連記事一覧

最新の記事

おすすめ豆知識

ピックアップ商品

トラスト研究室

YouTube番組表(日付をクリック)

< 2021 >
2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      

ツイッター