アーカイブ

【世界最速の焼きおにぎり】当時18才か~ぁ【R26B】

こんにちわ

連日、新型コロナウイルスの報道
茨城県は多少規制の緩和もなされましたが
まだまだ気を許せない状況です。

そんな中、「レナウン」の経営破綻というニュースを先日見て
最初は、レナウンと言えば
「レェ~ナウン♪レナウン♪レナウン♪」のCMを思い出す!
ぐらいにしか思わなかったのですが・・・

チョットまてよ!レナウンと言えば
当時の僕に衝撃を与えた事があった!
てか、日本中に!いや!世界中にその名前を知らしめた事が!

そ~です!

世界最速の焼きおにぎり!とはよく言ったもんだw

焼きおにぎり4つをひきさげ
日本メーカーで初めてル・マン24時間レースを優勝!
世界をもぎ取ったあの、チャージマツダ・787Bの
メインスポンサーだったはず!

レナウン・チャージ・マツダ 787B

↑うん、間違ってなかったw

世界が投げ出した技術、ロータリーエンジンを
マツダさんが、せっせとコツコツと作り上げ
1991年にル・マン24時間レースを優勝!

マツダファンならずとも興奮したのを覚えています(/・ω・)/
そして、ロータリーエンジンの凄さを知りました!

何が凄いって、当時のエンジン規則では
自然吸気で排気量は3500ccまでOKだったはずですが
この787Bのエンジン、R26Bは
自然吸気4ローター、排気量約2600ccほどで
700馬力前後を出していたらしい
「マツダすげ~!」「ロータリーすげ~!」って思ったです!

自然吸気4ローター 2600CC R26B

そして、雄一ロータリーエンジンを積む
マツダ車は他のレシプロエンジンチームの車と
明らかに違うエンジン音に
「マツダだけF1のエンジン積んでるの?」と思った(;・∀・)ズルシテルノ?

そんなことを思い出したので、探してみました!
ありました!便利な世の中ですねw
場所はル・マン24時間レース開催地サルト・サーキット
エンジン回転数制限なし!での走行です

 
これは2011年のル・マン24時間レースの
イベントデモ走行らしいです
なんでも、このイベントは787Bのみが走るためだけに
ル・マンの主催者側がマツダにオファーしたとの事!
熱いですね~
ドライバーはジョニー・ハーバート
1991年、787Bドライバー3人の内の1人です。
このイベントの逸話も面白いので、お暇な方はググってみてくださいw
(他車のエンジン音との比較動画が何処かにあったはず!見つけたら貼りますw)

新型コロナで自粛などが続いてます
少しでもネタの提供が出来ればと
最近、You Tubeの編集などに手一杯のぶー子殿に代わり
更新してみましたw

では(/・ω・)/

写真の転載元 Wikipedia

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最新の記事

おすすめ豆知識

ピックアップ商品

トラスト研究室

ツイッター