アーカイブ

日産の奥深さがコワわΣ(・∀・;)

こんにちわ

中の人TTです(/・ω・)/

先日、買取リーダーが

リーダーヘッド

大森ファクトリーへ

エンジン買取に行ってたので写真もらいました

で!

僕、NISMOと大森ファクトリーの関係性が

よくわかっていない!

なので、チョット調べた

間違ってたら突っ込んでください!

 

まず、大森ファクトリーのHPを見てみた

大森ファクトリー

NISMO大森ファクトリーは、ニッサンワークス活動に携わったメカニックを中心に構成されたニスモ直営のPRO SHOPです。 Gr-A、SUPER GTなどのモータースポーツメカニックとしての経験はもちろんのこと、現在では、スーパー耐久シリーズ参戦車、NISMO PARTS、R35 GT-R PARTS、第二世代 GT-R PARTS開発など、レースのみならず一般車向けの商品の実験、開発活動にも携わっています。
また、NISSAN GT-R(R35)およびNISSAN GT-R Spec Vの専用サービス、メンテナンスを取り扱うNISSAN GT-R特約サービス工場*1となっています。
日産自動車が保有するレース記念車両のレストアなども手がけており、レース、実験・開発、レストアなどの技術をベースにご来店される多くのお客さまに幅広いサービスをご提供しています。

※1 新車の販売は行っておりません。

 

んで、NISMO

日産自動車の連結子会社でモータースポーツ向け自動車部品の設計・製造・販売、レースへの参画などを行う会社。通称・愛称はニスモ (NISMO) 。主に日産車をベースに改造を施し販売を行うほか、独自のオーダーにも対処してくれる。1984年に日産のワークス・チームの一つである大森ワークスを母体に設立された。

ウィキペディアから

ココに出てくる大森ワークスってのが

大森ファクトリーへと繋がって行くみたい

大森ワークスもウィキってみた(/・ω・)/

大森ワークス(おおもりワークス)とは、1960年から1970年代の日産自動車のワークス・チームのうち、当時東京都品川区南大井にあった日産の宣伝部第4課配下のチーム、また同チームと契約を結んでいたドライバー達のことを指す。 事業所の所在地は品川区であったが大田区境に近く、最寄駅も京浜急行電鉄の大森海岸駅であったため、前述の様に大森ワークスもしくは大森分室と呼ばれていた。大森ワークスはNISMOの前身である。

カルソニック GT-R

このカルソニックGT-Rをドライブしてた星野さんも、大森ワークス出身。初めて知った(/・ω・)/ ウィキペディアから転載

なるほど

日産の車でレースしてた人達が

その後、NISMOへとなって

そこで、整備やチューニング、NISMOのレース活動を

サポートしているのが

大森ファクトリーって事だな!
(勝手な僕の解釈ですw)

でも、確かNISMOにも

パフォーマンスセンター!?とか言うところがあった!

そこに、買取リーダーとエンジン取りに行った事がある

用賀だったかな?

NISMOのHPから

NISMOパフォーマンスセンター

NISMOロードカー、NISMOパーツを常設展示し、専門トレーニングを受けた認定スタッフが常駐するNISMOパフォーマンスセンター。
ご試乗または展示車をご覧になりたい方は、お気軽にお越しください。
NISMOの専門知識をもった「NISMOマイスター」がお客様のご相談にお応えいたします。

こっちは大森ファクトリーの人ではないみたい?(´・ω・`)モニュ?

多分そーだw

いろいろ気になる年頃なので

掘り下げて調べてみましたが

とりあえず、奥が深い!って事でw

では又~(/・ω・)/

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最新の記事

おすすめ豆知識

ピックアップ商品

トラスト研究室

ツイッター